メニュー

EFT:ESCAPE FROM TARKOV(エスケープフロムタルコフ)初心者講座③「弾と装備」と最後に初心者にお勧めの武器を解説。

2021年2月20日 - Escape From Tarkov, FPS
EFT:ESCAPE FROM TARKOV(エスケープフロムタルコフ)初心者講座③「弾と装備」と最後に初心者にお勧めの武器を解説。

 皆さんこんにちは。今回は初心者講座③ということで「弾と装備」について書いていきたいと思います。タルコフが他のFPSと一味違っているのが、この「弾」なんです。この弾、それに対する装備のシステムが、僕が初心者の頃はよく分からなかったので解説していきたいと思います。以下攻略は全て主観的なものです。

・弾

 大体のFPSゲームって銃を基準として弾が分かれているだけなんです。銃の強さが前提でそれに合わせた弾を使うという感じ。AKが7mm、M4が5mmみたいな。つまりAKを使いたかったら7mmを拾わないと使えないというように、弾を拾っても銃と口径が合わないと使用できないシステムだけなんです。タルコフは、そこからさらに細かくなって同じ口径の弾でも数種類あるんです。その弾それぞれに強さのステータスが割り振られていて同じ口径の弾でも使い方で強さが違ったり、違う口径でも種類によって強さのバランスが変わってくるんです。

・貫通力

 タルコフにおける弾の強さの指標として分かり易いのが、弾のステータスの1つである、この「貫通力」なんです。大体のプレイヤーや配信者が、この弾が強い弱いと判断しているのが、この貫通力です。貫通力ていうのは文字の通り貫通する力を示しています。これはアーマーやヘルメット、バイザーやフェイスシールドを貫通する力ということです。貫通力が高ければ高いほどレベルの高いアーマーやヘルメット、つまり強いアーマーやヘルメットを貫通できるんです。貫通力のある弾は貫通力が高い代わりにダメージそのものが他の弾と比較して低く設定してあるものが多いです。逆に貫通力が弱い弾はダメージが高い場合が殆どです。もちろん貫通力もダメージも高い弾もありますが、1弾1000ルーブル以上であったり、最強の弾だと1弾1万ルーブル以上するので、もし使おうとすれば何十発と詰め込めるマガジンを使用するこのゲームでは、弾を準備するだけで銃本体、もしくはフルカスタムした銃本体よりお金がかかることがあります。

・アーマーレベル

 アーマーだけでなく、ヘルメットやバイザー、フェイスシールドにレベルが設定されていて、1~6のレベルがあります。何となくレベルが上がれば強いアーマー、ヘルメットなんだなとわかると思います。ここでさっきの弾の貫通力の話と繋げます。貫通力は大体1~80くらいに設定されています。直感的にいうと、アーマーレベルは貫通力を1/10にした強さを耐えられると考えてください。例えばアーマーレベル3のアーマーは貫通力29までの弾は貫通せずにダメージを吸収できるといった感じです。じゃあ「レベル3のアーマーに対しては貫通力30以上の弾を使えば貫通してダメージを与えられるんだね」となりそうですが、そう単純ではないんです。レベル3のアーマーに対して貫通力30以上の弾を使った場合、実際に貫通する弾は、その弾の貫通力に依存した確率になります。アーマーレベル<貫通力の場合に、この差が大きいほど弾が貫通する確率が上昇するということです。もちろん当てた部位にもよるんですが、実際の戦闘だとレベル3アーマーの敵に対してM856A1(貫通力37)を使って戦うと少し相手が硬く感じます。ここでM855A1(貫通力43)を使うと弾の強さを実感できます。なのでアーマーレベルと同じくらいの貫通力より10強い弾を使うと戦いがかなり楽になります(レベル3アーマーに対して貫通力40以上を使うということです)。

・弾の使い分け

 じゃあ貫通力もダメージも高い弾を使います!ってなると、初心者の場合お金が持たないです。間違いなく。どうしたらいいのかというと「想定している敵は誰なのか」ということです。例えばSCAVキルタスクなどでSCAVを相手に想定しているのであれば、SCAVは軽装が多いことから貫通力よりダメージを重視したほうが効率的な場合が多いです。ただ、ワイプから時間が経てば経つほどPMCの平均装備が強くなるのに比例して、運営がバランス調整のためにSCAVも少しづつ強くするので注意してください。一つの指標としてワイプから2か月経っている現在(2021/02/20時点)だとレベル4アーマー装備、M855A1(貫通力43)装備のSCAVを僕は何度か確認しました。ワイプ直後はこんな強い装備をしたSCAVはいなかったので、SCAVの調整は間違いなく行っていると思います。

 PMCを相手にする場合は、マップやプレイする時間帯によって、装備を揃えて出撃している人とそうでない人の差があるので一概には言えないです。絶対にPMCに装備が原因で負けたくないっていう人は、最低レベルの装備として「レベル5以上のアーマー、レベル4以上のヘルメット(バイザー付)、SMGであれば貫通力30以上の弾、それ以外なら貫通力40以上の弾」を使ってください。

・ハンドガンとショットガンの運用について

 最後にハンドガンとショットガンについて少し解説しておきたいと思います。この二つは大体同じくらいの強さのレベルにあると僕は思うんですが、僕の体感だとハンドガンヘッドショット運用した場合はハンドガンの方が強く感じます。というよりハンドガンヘッドショッターに負けた経験が多いです。もちろん銃の種類によって打てる弾が変わるので一概には言えないです。KSショットガン運用のほうが断然強いといわれても僕は納得できます。

 で、この二つを使うときってタスクかお金がないときだと僕は思うんです。実際に僕もお金がないときはMP-153にマグナムバックショット詰めてヘッドショット運用していました。お金がないときということは、この二つの武器は初心者にお勧めできる武器だと思うんです。お金に優しくて、重装備でもバイザーを付けていない人が多い、この時期であればヘッドショット運用でワンチャンスあると思うんです。なので僕は初心者にこの二つの武器をお勧めします。使用する弾は安い弾でいいと思います(貫通力が低い代わりにダメージが高い弾)。ただ、この場合相手がバイザーを付けていたらヘッドショットワンチャンスが無くなるので、ある程度貫通力の高い弾を使うかどうかは、ご自身の資産と相談してください。