メニュー

Dead by Daylight 学術書Ⅴ(アーカイブ5)レベル1の高難度チャレンジ攻略

2020年10月26日 - Dead by Daylight, ホラー

 学術書Ⅴのレベル1終わらせました。レベル1の中で比較的難しいと感じたチャレンジの攻略を考えていきたいと思います。

・危険な修理

 1ゲームでキラーの心音が聞こえる範囲で2台の発電機の修理を完了させることで達成できるチャレンジです。レベル1のサバイバーチャレンジでは1番難しいと思います。以下は僕が達成したやり方です。

 パーク構成ですが「執念の対象」は付けていきましょう。後はなんでもいいですが、発電パークを持っていけば効率が上がると思います。アイテムでツールボックスを持っていくのも効率が上がると思います。立ち回りは、 他のサバイバーには自分がチャレンジをやっているのは分からないんで、 できるだけ自分一人で発電機を完了寸前まで回しましょう(発電機を心音外で完了させたら意味ないんで)。発電機を寸止めしたらあとは、執念の対象でキラーを呼んで発電機を完了させるだけです。僕はこのやり方で一発で達成しました。パークにライトウェイトなどを入れれば 、キラーを直ぐに撒いて、二つ目の発電機を触るのが早くなり、効率が上がると思います。もちろんPTを組めば難易度は下がります。

・死のコンボ&死の一撃

 レベル1のキラーチャレンジの中で一番難しいと思います。この二つであれば死のコンボの方がより難しいと思います。どちらもブライトのチャレンジですが、1ゲームで突進攻撃を6回成功させるか、衝突4回以上状態の突進攻撃を1回成功させるかです。僕はテキトーにブライト使ってたらあっさり取れたので、やり方も何もないんですが、以下では僕なりに取り易くなるやり方を考えました。

 どちらも共通しているのは突進攻撃を成功させることです。なのでサバイバーが見えるようになるアドオンの「魂の呼吸」を積むのが良いと思います。パークでは、「観察&虐待」などの心音範囲を小さくするものや探知不可になるパークを積むと、サバイバー側の発見が遅れて突進攻撃を成功しやすくなると思います。立ち回りですが二つのチャレンジ共通で、トークンが最大まで溜まったら攻撃は突進攻撃しかしないようにします。後は、吊った後に遠くから見ながら救助に来たサバイバーを狙うのもありだと思います。正攻法ではないですが、ゲート開放後に出口寸前で待っているサバイバーがいてくれれば、そこで成功させることもできると思います。

※画像&記事は転載フリーですが、した場合は このページへのリンクを貼って下さい。