メニュー

Dead by Daylight 学術書Ⅳ(アーカイブ4)における高難度チャレンジの攻略 

2020年9月27日 - Dead by Daylight, ホラー

 学術書Ⅳと今シーズンのリフト終わらせました。その中で僕が難しいと感じたチャレンジ2つを挙げて、その攻略法を考察しました。


① エースの旅(レベル4)

 エースを使用して発電機2台、救助2人、トーテム2個を1ゲームで成功させるチャレンジです。学術書Ⅳのサバイバーチャレンジの中で唯一、時間かかりそうだなと感じたチャレンジでした。

 まず優先順序ですが、トーテム>発電>救助が安定すると思います。 マッチのランクにも左右されますが、 トーテムは仲間が先に壊しちゃう可能性が高いので先に済ませちゃいましょう。後は発電しながら仲間がダウンしたら救助に向かうやり方が良いと思います。

 パークの構成ですが、救助を失敗したくないのでボロタイ(与えられた猶予)と、トーテムを探すのに時間を取られたくないのでスモールゲーム(小さな獲物)の二つは必ず入れましょう。発電機二台については、発電自体に時間がかかることと、チェイスが長引いた場合、仲間に点けられちゃうパターンも考えられるので、実はここがこのチャレンジの山場になります。なのでチェイスが発生した場合に直ぐに撒けるように、ライトウェイトクイッククワイエット(素早く静かに)を入れるのをお勧めします。残り一つはチェイスに自信のない方はスプリント系のパーク、チェイスに自信ある人は発電パークを積むのが良いと思います。アイテムについては発電機の時間を早めたいのでツールボックスにアドオン積んで持ち込みましょう。セルフケアはあれば便利ですが、このチャレンジは脱出の必要がないことと、回復自体に時間がかかるのであまりお勧めしません。どうしても気になる人はアイテムにツールボックスではなく、回復キットを持ち込みましょう。

 僕は1回で成功しました。下にその時の動画を貼っておきます。↓

② 希望の消滅

 デボアホープ(貪られる希望)を使用して5回フックに吊るし、無防備で2回攻撃を当てて、1人殺害するを1試合で成功させるチャレンジです。以下は僕が成功した時の解説です。デボア(貪られる希望) を使うので試合が長引くと壊される確率が上がる為、試合展開を速くする必要があります。まず、使用するキラーについては人によって得意不得意あると思いますが、デボア(貪られる希望)を使うのでナースをお勧めします。これはデボアを守るのに狩りの興奮を積むのが良いからです。トーテムは基本、壁に囲まれていて周りからは簡単に見つけることができない場所に生成することが多いです。狩りの興奮でサバイバーが触ったのがわかってトーテムを守りに向かったときに壁のせいで迂回し、ギリギリ壊されて間に合わなかったとならないためにナースを使いましょう。新パークの不死もデボアのセット候補になりますが、狩りの興奮の方がサバイバーが触ったかどうかでサバイバーの位置が把握できるので狩りの興奮の方がお勧めです。後は発電機の遅延目的でルイン(破滅)を入れましょう。ルインは呪術パークなので狩りの興奮との相性もいいです。残り一つはサバイバーの位置把握による試合展開を速くする為にバベチリを入れましょう。僕はこのやり方で1回でチャレンジ成功しました。使用するアドオンは、僕は過去のナースの使用感を再現したかったのでチャージ時間短縮2つを積みました。

※補足…結局はデボアを積んで他の条件を満たせばいいだけなので、デボア以外のパークは無防備パークで構成(もしくは使用キラーをマイケルかゴーストフェイスなど、あるいは無防備状態を付与するアドオンを使えるキラーを使用)して普通に5回吊るし、2回無防備状態で攻撃を当て、メメントで殺害するやり方の方が簡単かもしれないです。

※画像&記事は転載フリーですが、した場合は このページへのリンクを貼って下さい。